2013年12月07日

【アメフト】XリーグDiv.3[セリオスタンディングベアーズ vs 大阪ガススカンクス]X2-X3入れ替え戦Σ(゜゜;

【コメント】→オクレ m(_ _)m(o _ _)oクダサイ | 【トラックバック】→受付チゥヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ マッテマス
激闘のシーズンを全勝で勝ち上がった、備前の雄。
その一年の集大成となるこの試合、括目して観戦です!(`・ω・´)

この試合、ここに掲載すべきかどうか、本当に迷った。逡巡しました。
でも、やっぱりUPしますっ。皆さんの本当に精一杯を感じられたから!
ここにいた皆さん、本当に立派でした!!Σ(゜゜。


さて必死の社会人アメフト追っかけレポ。多分今年後半の休日全部がコレだったんでは?w;;。
ですが、それもこの試合で結実してほしいなぁ。。。

いやさ!結実するはずよっ!。

そう思いつつ向かったのは、神戸の王子スタジアム。
年に一度だけの、限られたチームだけが進める、シーズンの終決算。そう。
上位下位との入れ替え戦です!!(`・ω・´)ドン

そこに追っかけてたチームが進出しました。そう。このチーム。
20131207_0018.jpg
セリオスタンディングベアーズです〜ヽ( ´∀`)ノ。
もう、このチームは今年ひたすら追っかけてレポしてきたから、
このブログでは既にお馴染みでしょう。(*¨)(*..)(*¨)(*..)ウンウン

その一番の理由である、私の後輩OL58番、
20131207_0006.jpg
山本選手はいつものように元気に参戦。この他、
20131207_0015.jpg
チームの大黒柱、ヘッドコーチ兼任の"ザ・ブレイン"WR21番山添選手や、
20131207_0008.jpg
チームの司令塔、QB15番河野選手、そして、
20131207_0012.jpg 20131207_0009.jpg
「ゴリゴリラン」を支えるRB陣、3番芝選手、22番上野選手、47番佐藤選手、
20131207_0011.jpg 20131207_0016.jpg
空中戦のエース、WR80番川崎選手などフルラインナップで集結です!
おおっ、たぎるねぇ〜(^^)。

しかしー。懸念すべき点があったんです。。。
本来ならこの面々の中に真っ先に加えるべきこの選手、
20131207_0010.jpg
主将でもあるRB38番、江藤選手。
セリオの代名詞でもある「ゴリゴリラン」の象徴でもあるのですが、
この江藤選手が参戦できなくなったんです。負傷のため。
シーズン最終戦でもあったClub BEARS戦で負傷したのですが、
ヒザの十字靱帯断裂の重傷だったんだそうなΣ(゜゜;。これでは出場は無理っす;;。

このため、もう一つ重要な懸念も生じたわけです。
江藤選手はキッカーも兼任してました。つまり「キッカーがいない」という事です。
これはセリオにとって、かなり重大なハンデになってしまうのです。
セリオの強みは勝負に徹してリスクをできるだけ最小限にして戦う、
いわゆるコンサバなチームなので、
ディフェンス強化を最優先、ランもインサイドのパワーラン中心。
ボールを奪われる可能性を少なくするため、ミスが生じやすいオプションやパスも最低限にする、
という徹底ぶりで全勝優勝でコマを進めてきました。
一見堅実ですが、反面単調な試合運びになるので
相手にマトを絞られやすくなり高得点は望みにくく、
またイッキに距離を稼ぐ機会がないので、そのままだと次第に自陣に追いやられる可能性も
高い戦略なのです。

これを解消するために重要になるのが、キッカーとパンターです。
一般的に攻守の入れ替わりの専門職というイメージが強いのですが、
実は一発で飛距離を稼げる、という重要なポジションなんです。
特にセリオのような攻守での動きが小さいチームにはより重要になります。
パンターの蹴る距離が相手より大きければ、そのまま相手を逆に押し込めるので、
ワンチャンスで得点が可能な状況を作れますし、
キッカーの加点は総得点が少なくなるチームに
とって、とても重要な得点源になるからです。

その正キッカーが出られない・・・これは極めて大きなハンデになります。

しかも、その懸念がかなり出そうな対戦相手となりました。
この正念場の一戦で対戦するチームがこちら。
20131207_0019.jpg
大阪ガススカンクス、というチームなのですが、このチームのメンバー表の中に
ある選手の名前を見つけたからです。
20131207_0023.jpg
QB8番、として登録されている選手は、、、なんと京大で名を馳せた田中重光選手Σ(゜゜;。
この選手が、まさかココにいるとは。。。
簡単にご紹介すると、京大時代から伝説とも言えた選手で、当初はWRとして活躍、
その後QBになりパッシングQBとして名を馳せました。
でも、むしろ田中選手が有名になったのは、パンターとしてで、
ボールの滞空時間や転がりをも計算した絶妙のパントを行い
「ほぼ常に敵陣1ydにボールを持っていく」パントをできる名手でした。
多分日本で初めて「攻めるパント」を体現した選手です。
これを武器に京大時代には1995,1996年大学日本一に、
社会人では2000年にアサヒ飲料で日本一に輝いた名手なんです。

その選手が現役で、ここにいて、今日の対戦だなんて。。。
先の懸念がより一層大きくなりました;;。

これに対抗するには、セリオは何かで距離を稼ぐ、という無理をしないといけない、
という事になります。
果たして、その無理をこの日までに用意できたか?
それともあくまで保守本道、と力押しに掛けるのか?

いずれにしても決戦!!
括目して観戦致しました!!
20131207_0020.jpg

そしてついに、キックオフ!
最初は大阪ガスの攻撃からでした。

ここでいきなりセリオディフェンス、魅せます!

セリオDB91番白神選手が相手の景気づけのロングパスをインターセプト〜ヽ( ´∀`)ノ。
出鼻をボッキリへし折りましたwww。

ここで先制を・・・とセリオ仕掛けましたが、残念ながらここでは実らずw;。
しかし切替のパントのシーン。

セリオP23番木下選手が相手の田中選手のお株を奪う「敵陣1ydへのパント」を披露ヽ(◎w☆)ノ
大阪ガスをゴール前に押し込んじゃいました☆。

そしてここでセリオディフェンス。

見事に大阪ガスオフェンスをシャットアウト!攻撃更新をさせませんでした。

そして大阪ガスのパント。Pは8番、あの田中選手。

セリオDL79番岩本選手、快心のパントカット!ボールをエンドゾーン外まではじき出して
セーフティーヽ( ´∀`)ノ。2点を奪い取りました〜。
[大阪ガス 0-2 セリオ]

少し珍しい形ですが、セリオ(チョビッと)先制です〜w。
開始早々、しかも微差w;、という程度でもありますが、
それでも先制して優位な状況で始められたのはセリオにとっていい兆しだ(^^)。

これにオフェンスも乗っかっていきたいところですが、

大阪ガスもディフェンスはなかなか強い;;。
どうやらディフェンス合戦の様相です( ̄  ̄;)。

まぁ、ある意味セリオには都合のいい展開かなw;。

それにこのゲームのカギとなると話してましたキッキングの面でも、

セリオP23番木下選手が再々に渡り好パントを連発!終始優位な位置を確保できてます☆


ディフェンスも変わらず好調。おお(^^)セリオペースだ。いいじゃないか。

とか思ってたりすると、



突如大阪ガスオフェンスが火を噴きはじめました;;。
QB2番葉山選手、RB7番川上選手が好ラン連発;;。イカン。
しかしセリオディフェンスが、

これを何とか食い止めました。

ここでセリオオフェンス陣も対抗したいところなんですが、

得意のランプレーがなかなか出ません。。。
う〜ん( ̄  ̄;)やっぱりただの力押しだけでは通じないか。

ならば、と思ったのか。
セリオ、ここでガラリと攻め方を変えましたΣ(゜゜;。


なんとランを捨てパス一辺倒の攻撃にΣ( ̄□ ̄; ものすごい方向転換だぁ。
仕掛ける無理を用意してきたんだ!
そして、これをWR80番川崎選手、RB3番芝選手が決めていき、



グイグイと相手陣に迫ります!

このパスオリエンテッドな攻撃は、大阪ガスにも衝撃を与えたようで、



立て続けにパスインターフェア(パス過剰妨害)の反則を連発。
おかげでセリオ、さらに前進!チャンス☆

そこでこの人、

RB3番芝選手、キッチリ走り込んでタッチダウン〜^^)/。
セリオさらに加点成功![大阪ガス 0-8 セリオ]
無理攻め大成功!ヽ( ´∀`)ノトライフォーのキックも決め…

れなかった。((o; _ _)o。6点どまり。

うーん( ̄  ̄;)ここで江藤選手不在が効いてくるなぁ。。。
控の小野田選手もキツイでしょう。主将の代役なんてただでさえ荷が重い。
ましてや入れ替え戦ですもんねぇ。
それでも1本分のリードに。
先制したセーフティの2点。結構大きい得点だったかも。

しかしまぁ、これでセリオペースになるだろうなぁw、と観てると、

直後のキックオフリターンで大阪ガス、BIGリターンΣ(゜゜;
さらに、



返しの大阪ガスオフェンス、RB7番川上選手が爆走Σ(゜゜;。
逆に火がついてもた;;。
そのまま川上選手が押し切ってしまい、

そのままタッチダウン〜><;[大阪ガス 6-8 セリオ]
ほぼリードなくなっちった;;。

ここで大阪ガス、イッキに追いつこうと2点狙いのプレーを敢行!

しかし、これはセリオがストップw。

なんとかまた流れを戻したいとセリオオフェンス、今度はスペシャルプレーを敢行!

が、不発(_ _;。無理押し第2弾は失敗。
逆に、

相手プレッシャーを許してしまい、QBサック食らっちゃった;;。

やっぱ、曲りなりにも2部のチーム。簡単にはイカンなぁ、、、
と思いつつパントシーン。


何とP23番木下選手のパントを相手リターナーがキャッチミスΣ(゜゜;
これをセリオ抑えて、再度攻撃権奪取しました〜☆

おおっ!今度こそ(^^)!
という想いを乗せたセリオのパスは、

大阪ガスの"LB"8番田中選手がインターセプト〜( ̄Д ̄;)ナンデLBヤネン…

これで大阪ガスの方に再び点火〜;;

パスアタックがWR87番松村選手に決まり、

WR88番冨田選手がエンドゾーン奥イッパイでキャッチしてタッチダウン〜。
逆転><;[大阪ガス 12-8 セリオ]

セリオも再度の逆転を狙いますが、

逆にQBサックを浴びてしまいました;;。

ここで前半戦終了[大阪ガス 12-8 セリオ]


ここまで観ていた感想としては、お互いペースを掴めていない、
という印象を受けました。
大阪ガスは最初にセーフティを食らい、その後も予想外のパス攻撃に戸惑っている感じで、
セリオは普段のスタイルが通用しない分無理をして進むけど、
どうしても浮ついてしまうという感じ。
そう見えました。
ディフェンスは双方ともに機能しているのですが、贔屓目なしに書くと、
総合力はやはり大阪ガスの方が上、と感じます。

なのでセリオはこの後も無理押しして、相手を混乱させ続ける事に活路を見出す
方法を取るでしょう。正キッカー不在というでも接戦勝負は避けたいですし。
それに対し、大阪ガスは修正して力量を示せるのか?
そこが後半戦、ひいては勝敗を左右しそうです。

そして後半戦突入〜。
後半はセリオのリターンからー^^)/。


そのノッケから、KR22番上野選手が素晴らしいリターンを披露ヽ(´ー`)ノ。
これに気合をもらったかセリオオフェンス。全面パス攻撃を仕掛けました!
そこにこの人登場w。

チーム随一のBIGプレーメイカー、WR80番川崎選手〜ヽ( ´∀`)ノ。
ここぞとばかりに取る取るw。

そして、そのまま

タッチダウン成功〜(^^)。
[大阪ガス 12-14 セリオ]
再逆転出来ました♪

これでセリオ全体がイッキに調子づきました。
ディフェンスは、





好プレーを連発!
そしてオフェンスも、

RB3番芝選手が、

RB47番佐藤選手が、

WR16番石井選手が進めていきます!

が。

この流れを大阪ガス、再びQBサックして寸断!
やはりしぶとい。譲りませんワ( ̄  ̄;)。

でも大阪ガス自体も、流れを掴みきれません。

なんと、あの名手P8番田中選手が、パントをシャンク(ミスキック)!Σ(゜゜;
セリオ、再び有利なポジションをGET〜w。

ここでセリオ、再びWR80番川崎選手で一発カマしにいきましたっ

が、届かず(/--)/ダァ。
詰め切れなかった。。。

それでもこのシリーズの締めのパントで、

P23番木下選手&カバーチームが、またしてもスーパープレー(^^)。
敵陣1ydにもう1回押し込んじゃいましたっ。
さらにディフェンスも、

見事な仕事ぶりで攻撃権更新を阻止!さらに、

大阪ガスのパントを、今度は23番木下選手、パントリターンで押し込み返す!
相手にスキを許しません!

この日の23番木下選手は、ホントにものすごい活躍でした(^^)。

このチャンスを何とかモノにしたかったのですが、、、残念ながら攻撃は実らず;;
せめての加点を、と、FGを狙います!

が、届かず(;/--)/ダァァ。
乗れんのぉ( ̄  ̄;)。

このドチラともつかない展開をセリオディフェンス、

必死の頑張りで踏みとどめます。
そしてオフェンスでは、

再びランで打開を試みようとRB47番佐藤選手、走ります。

ところがこの直後、

RB47番佐藤選手がボールをファンブル!
そのボールを大阪ガスが押えてターンオーバー><;

セリオ、ピンチ!

ここぞと大阪ガスオフェンス陣、

QB2番葉山選手がランで攻め立てる!

だがセリオディフェンス、

必死の頑張りで食い止める!譲りません!!

その結果、

大阪ガスのFGトライ、失敗にー☆
セリオ、再逆転を阻止!^^)9

さらにセリオ、パントシーンで、

またもP23番木下選手の好パント&ナイスカバーを披露!
大阪ガスの攻め込みを押し返しました。

この時点で、試合は終盤に突入しており、時間との戦いが始まってました。
僅差とはいえリードしているセリオにとっては長く、
許している大阪ガスには短い時間での戦いになってたわけです。
このまま終われば、セリオは悲願の2部昇格。来年は2部のステージです。
そして大阪ガスは3部降格。もとに戻るには最低でも1年を失います。
社会人になっての1年は、文字通り選手寿命との戦い。1年はデカい。

それは語るまでもなく、やってる選手たちが一番よ〜くわかってる;;。

大阪ガス、これが最後のチャンスとばかりに必死の猛攻!!
しかしセリオも、

逃すものかと必死にディフェンス!!
しのぎを削ります!

そして大阪ガス4thダウン。…ギャンブルを敢行!!

セリオ、見事に阻止!ヽ( ´∀`)ノ

この時点で試合残り時間は、2分35秒でした。
大阪ガスはタイムアウトを2回残していましたが、ここでセリオがランで
時間を使いながら進めていけば、時間切れ=試合終了=セリオ勝利となる状況になりました。
そして、それが出来るのがセリオの強みです^^)9。
俄然「2部昇格」が現実味を帯びてきた。応援する皆んなが実感し始め、気運が高まってきた。
その第1プレーでした。
試合残り時間、2分35秒でした。







゜゜( Д ;)


な・・・

何が、起こった???!




・・・まさか、でした。

セリオ、その最初のプレーで、まさかのエクスチェンジ(CからQBへの手渡し)ミス!
そのボールを、大阪ガスDB3番田中選手がスッと拾い上げ、そのまま走り去り、、、
タッチダウン;;Σ(゜゜;
信じられない程、あっけない逆転。[大阪ガス 18-14 セリオ]

チームに、ベンチに、スタンドにあふれていた熱気が
一瞬で静寂に包まれてしまった。
そんな、信じられないプレーが起きました。


とてつもない空気が流れていました。。。


しかし!
まだ試合は終わっていない!!
時間もまだ2分あります!次の攻撃で再逆転は可能なんだ!!
セリオ、この試合の本当に最後のチャンスに挑みました!
3回攻撃を仕掛ける!しかし通らない!4thダウン。最後のチャンス!

これをWR80番川崎選手がキャッチ><!望みをつないだ!!

さらに続けざまに、

WR80番川崎選手へのパス、

RB47番佐藤選手のランが続きます!まだだ!まだ終わってないんだ!><。
何とか、何とかして勝利を・・・


その思いを込めたボールを、

大阪ガスがインターセプト。摘み取りました。


これで、本当に、ジ・エンド、となりました。

最後は大阪ガスが時間を消化して、

大阪ガス 18-14 セリオ。大阪ガスの勝利。
結果、大阪ガス2部残留。セリオ2部昇格ならず。
という結末となりました。



20131207_0021.jpg
20131207_0022.jpg

・・・いたたまれんワ><;。
追いかけて観てきた者としてでも、セリオのここまでの奮闘は身につまされるほどの意気込みと、
同時に敢然と立ち向かう姿に感動を覚えていました。
切実な思いもよく伝わりました。
その結末がコレでは。。。心境計り知れません。。。

あえて冷静な目線になって、客観的に試合を振り返ると、
この試合、双方ともに流れを捕まえきれないままに終わった試合でした。
ともに地力はあるけど、決め手に欠ける。
故に、流れを得る機会が作れず、ドチラにも流れが定まらない試合になりました。
そのためミスは双方ともに多発しました。それ故余計に混迷してました。
では、最終的に何が勝敗を分けたのか?私はこう思います。
「試合が終わった時点で、たまたま勝ってたのが大阪ガスだった」と。
それほどフラフラした試合でした。
まるでコマがどこに倒れるのかを予想するかの如くに。

これは両チームともに解消していくべき問題点になるでしょう。
良くも悪くも力は相応にあるのですが、
勝つための試合運び、シナリオが弱いという証拠です。
試合で出せる力量に限りのある社会人では、それでは勝ちきれません。

自分たちに何が出来て、何が出来ないのか。
その出来る事で、どうやって自分たちの目標に届くのか。
この追及が、これからの課題になるでしょう。

それを是非、セリオスタンディングベアーズの皆さんに
乗り越え、克服してほしい、と切に願います。


*****************************************

伝え聞く限り、この一戦、
セリオスタンディングベアーズの皆さんに、深い衝撃をもたらしている
と聞きました。
落胆とも、迷走とも、錯綜とも言える、深いモノを。

一ファンとしては、心配と励ましの想いを馳せるのみですが、
当事者であるチームの皆様には切実な問題でしょう。

差し出がましいですが、せめてものエールとして
以下の言葉をお贈りいたします。


--------------------------------------------
今回の件、皆さんにはあまりにも大きな出来事であった事は
観ている者にとっても共感できる衝撃でした。
いや。
共感などできないかもしれません。
当事者である皆さんにとって、どれほどのモノであったかなんて
わかりようがないのかもしれません。

でも。あえてのエール、贈ります。
「チャンスの扉は、その扉をノックしなければ開きません」
どれほどに葛藤しようと、どれほどに思案しようと、
どれほどに相談しようと、どれほどに想像しようと、
その機会は、成功は、成就は、幸せは、
その扉をノックした者にだけ受け取る権利が生まれます。
言い換えればノックすらしなければ「全くの無」なのです。

もし。まだその想いを遂げたいという意思があるのなら、
是非、またその扉に向かってノックしてください。
もし。もう叩かない、と決めたなら、
自分自身に確固たる納得をもって離れて下さい。
それからの人生に後悔を残さないために。


そして、もう一つ。

これからの戦う相手は、たった一人に絞ってください。
それは、どこかの誰かではありません。
伝説の名手でもありません。
歴史上の偉人でもないです。

その相手とは、、、「昨日の自分」です。
昨日の自分に挑み勝ってください。

それ以外の相手と戦うと、
必ず自分に安心します。
必ず相手を見下します。
必ず自分を卑下し、言い訳します。
そして自分を甘やかします。
成長が止まります。

でも、昨日の自分が相手だと、
言い訳が出来ません。同じ条件の相手だから。
甘えが効きません。同じ条件の相手だから。
言い訳も聞きません。昨日やってた事だから。
安心もできません。昨日やれた事だから。

だから成長したいのなら、対戦相手は「昨日の自分」です。
昨日の自分に勝ちましょう!
己に勝ちましょう!

もし今日が昨日よりも一つでも良く出来たのなら、
その事を誇りに持って、明日の自分にカツをいれましょう。
もし今日が昨日よりも出来なかったら、
その悔しさを明日の自分ぶつけ、明日の自分に託しましょう。

昨日に挑み、昨日よりも一つでも良くなっていく。
それを挑み続ける事。
その積み重ねを続けているうちに、
気づけばいつの間にか、その壁を乗り越えられるはずです。
それが、成長であり、
それが、克服である、と、私は信じています。

--------------------------------------------

「扉へのノック」→「行動する事で、事は動く」
「昨日との戦い」→「克己の追及」
この心持ちをもって、これからを進んでいってください。

*****************************************
差し出がましく言上しました。
皆さんの本願、成就しますよう、これからも応援したく思います。


ではでは。
【コメント】→オクレ m(_ _)m(2) | 【トラックバック】→受付チゥヽ(´ー`)ノ(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*) | 23:10 | 兵庫 ☀
この記事へのコメント
今シーズン、こ声援いだだき、大変ありがとうございました。
毎試合後、楽しみに拝見させていただきました。
やはり、練習不足ですね〜!
また、一からやり直します。
今後も、よろしくお願いいたします。
Posted by セリオ#79 at 2013年12月14日 09:07
セリオ#79 さま

コメントありがとうございます〜(^^)
しかも前向きコメントなんで、なお嬉しいヽ( 〃w〃)ノッス
書きまくった甲斐があったwww;

今年は個人的にも随分と無理くりして、追っかけできたものだ、と今更に思ってます。
来年も同様に…できるかなぁ?( ̄  ̄;)

すごく自信がない・・・w;


でも出来る限り応援していきますよ〜(^^)
勇気、元気ももらえましたしね^^)9。

こちらこそ今後もよろしくお願いします(o 〃..)oデスッ♪
Posted by りちゃ。 at 2013年12月14日 21:28
コメント記入欄
お名前(※ニックネーム OK☆):

コメント: [必須入力]

※もしよろしければ、コチラもお願いします(未記入可)。
メールアドレス:

ホームページアドレス:

この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。